世界のプロレス探検隊

WWEAEW新日本インディ他、国内外問わずプロレスのマッチレビューを行っています。

東京女子プロレスレビュー 辰巳リカ対伊藤麻希/"ハードコアマッチ"山下りな対乃蒼ヒカリ

東京女子プロレスTJPW INSPIRATION 4/1/2021
ハードコア・マッチ
山下りな対乃蒼ヒカリ
 葛西純と対戦した結果認められて同じユニットとなった新世代デスマッチクイーン山下りなと、コスチュームからも分かる通り葛西純に憧れを持ち、デスマッチ参戦に志願している乃蒼の一戦。只、いきなりデスマッチではなく、まずはハードコアで入門編。

 山下の的確な試合運びと豪快なボードへの受けと先輩としてリードする形。乃蒼は乃蒼で、アップアップガールズ(プロレス)の中で1番の安定感を持っている選手で、ハードコアであっても、初めてにしては、様になっていて、安心して見ていられる。テーマが勝ち負けを競うものではなく、チャレンジマッチだったので、次第に差が開いていく展開となり、終盤の伸びは今一つではあったものの、乃蒼のハードコア路線がこれからも見たいと思わせる事には成功していた。

 後は、看板となる決め技を見つけることがと、東女には相手がいないのをどうするかが課題。鎖国制だから難しいにしても、アイス勢との交流は見てみたい所。世羅りさ、鈴季すず、藤田あかね辺りとは交わるべきでしょう。平均的良試合。
評価:***1/4

 

東京女子プロレス Still Incomplete 4/17/2021

山下美優対乃蒼ヒカリ
 

 まるでアレイスター・ブラックのブラック・マスかと思う程戦慄のスカルキックが目を引くが、試合としては乃蒼のシングルレスラーとして更に上で使えるかというテスト的チャレンジマッチ。期待に応えた乃蒼は、無駄のない攻撃で確実に山下を追い込んで行く。ハードコアをする必要もない良い選手ではあるが、ラフが強くなればより東女でも上のステージに行けて、更に海外への道が開けるだろう。

 見事なブリッジのスープレックスやダービー・アリンの必殺技ラスト・サパーも見応えがあり、ぴぴぴぴぴなの、万喜なつみに続き、汐凛セナまで失う事となった乃蒼だが、パートナーがなくとも、シングルレスラーとして十分戦力になれる。既にインターナショナル王座は獲れる選手なので、持たせてEXTREMEのベルトの様にしても面白いのではないだろうか。中々良い試合。
評価:***1/2

 

プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合
辰巳リカ(c)対伊藤麻希
 

 秀でた身体能力がなくとも、カナディアン・デストロイヤーがなくとも、ハードコアがなくとも、ストーリー性に秀でた試合展開、的確かつテンポの良い試合構築、一定の正確なアクションがあれば、超人でなくても、超人を超える作品を残せるこれが他の格闘技にはないプロレスリングの、難解であり素晴らしい所である。
 AEWで大スターとなった伊藤は、ホームマットに戻っても、メインイベンターとしての貫禄の立ち振る舞いを見せる。キャラクターレスリングと無駄がなく小気味良いアクションのバランスが非常に良い。ベーシックな展開から場外戦で腰攻めをスタートし、そこから得意のボストン・クラブに繋げる展開を、まさに流れる様に行っていて、魅了される。対する辰巳もドラゴン殺法から脚攻めで逆襲する展開も実にスムーズ。圧倒的に足し算の要素が強い日本のプロレス界で、序盤〜中盤の攻防をここまで意味のあるものに出来るのは、正直いって中々ない。USのエッセンスが強いのは事実だが、USだってここまで丁寧に積み上げられる試合は中々ないので、この試合の構築は手放しで褒め称えるべきものである。
 終盤は、それまでの腰攻めと脚攻めを反映させながら、ダメージ表現も正確に組み込み、そして得意技の応酬でまとめていく形。辰巳がなりふり構わずに、得意技であるヒップアタックやツイスト・オブ・フェイトを連発したのは、世界的なスターとなりつつある難敵伊藤を倒す為、必死さを表現する行為として正解であった。辰巳が強さを見せることで、やられ姿の魅せ方が最高に上手い伊藤の良さも際立つ。様々な良い要素が相乗効果となり、全編として完成度の高い試合となった。
 私が観た中では、確実に両者の現時点でのキャリアベストマッチ。男女国内外問わず、レスラーは見習うべき所がかなり多い激戦でした。好勝負。
評価:****

全体評価:8.5